忍者ブログ
引っ越しと一人暮らしとときどきおかん
[5] [4] [3] [2] [1
2019/12/16 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/03/11 (Mon)
この本は、ホームが外部の世界からの美しい避難所であるべきことを非常に非現実的な概念で書かれています。
私は、作家が彼女の改造するプロジェクトについて記述する、ほとんど詩の方法を読むのを楽しみます。
ノミの市改造はよい。また、多くのものが、実際にペンキの新しいコートおよび豪華な新しいクッションで固定することができます。
この本の中で、基本的に、作家(一群の人々に加えた)とても支援を必要としたいくつかのアパートを装飾し直します。
この本に関して素晴らしいことは、適するためにアパートがそれぞれ飾られるということです、それは特に所有者です、そして、模擬の期間の装飾(ゴシック式、ロッコ、ビクトリア朝、など)のために様々な考えを与えられます。
そうすると、なぜこの本はより高い格付けを得なかったのですか。
さて、その考えのすべてが非常に実際的だとは限りません(だからといって、装飾が必ず実際的であるわけではありません)。しかし、その考えのうちのいくつかはそれほどよくありません。
例えば、バスルームは、桶の外部への熱接着ガラス玉によって改造されます。
バスルームの湿気強化がこれらのきれいなつまらぬ物を減少させるであろうことは明白に見えます、あるいは、afixに有能だった場合、それら、ポイントに、削除されないこと、出ていき、主人が桶を交換しなければならなかった時、料金を払わなければならないでしょう。
さらに、多くのアパートでは、壁にペンキを塗ることを単に認められません、それは本に述べられていた復旧工事の約50%です。
もしこの本が住宅所有者にもっと適応すれば、あるいはそれらが、アパート生活者がそれらの主人の激怒を招かずに、実際に使用することができる方法を示したならば、素晴らしかったでしょう。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ カテゴリー ■
■ RSS ■
■ P R ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]